https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

高木雄也、生誕前夜祭!

Hey!Say!JUNP 高木雄也 生誕祭

夜行バスに乗って関西のとある都市まで、娘の部活の合宿のお手伝い向かっているひるねこ。(←お手伝いではなくて、実は宴会目当て…笑) 明日から数日はお手伝い業務が忙しくなるので(←ホントは連日宴会で二日酔いが続きそうなので…) 記事の更新が滞りそうなのである。

というわけで、1日フライングして今日、高木雄也のお誕生日記事を書きます!

 

27歳の誕生祝いに、高木雄也の魅力を10個書くよ。

 1.高木雄也はイケボである

高木のイケボにやられちゃった人、たくさんいそうだ。よく響くしっとりした甘い声。声に艶があるのはHey!Say!JUMPで一番じゃないかな。ナレーションとかアテレコとか、声の仕事が増えたらいいね。べいじゃんの『妄想Say! Neo』とか、ドキドキするもんね〜!

 

2.高木雄也はセクシーである

そう、高木雄也はセクシーである。一番わかりやすいのは『Yes!』(←名盤smartに収録されている山田涼介八乙女光高木雄也のユニット曲。たぶん18禁である笑 )だよね。3人の中で一番セクシー笑!本気の高木には誰も勝てないよ。

 

3.高木雄也は心が綺麗

以前『いたジャン』スタッフに無心でブランコを立ち漕ぎする高木雄也が目撃されている。そう、彼の心は汚れを知らぬ子どものままだ。有岡大貴が五歳児なら、彼は三歳児だろうか。セクシーなのに三歳児…そのギャップが彼の魅力なのである。

 

 4.高木雄也はリアクションが面白い

 ツボ押しなどをされるとお約束通りのリアクションをしてくれる。キャーキャーと女の(←オネエ)見たいで可愛い。いたジャンで伝説となっている『筋肉痛で運動会』の回でニワトリに怯え『降参〜!』を産み出した笑。

 

5.高木雄也水球ヤンキースでのビジュアルはスゴイ!

Hey!Say!JUMPのファンになりたての頃、ゆうてぃ見たさに『水球ヤンキース』を観たが…高木のビジュアルの美しさに圧倒された。

新川優愛ちゃんとのツーショットは異次元のカップルの様だった!孤高のアスリート役が意外にも似合っていたなぁ。

 

6.高木雄也はオネエがハマる

いたジャンの『女装で女子会』の回で『雄子ママ』になったけれど、メンバーにモテモテだった。ベイジャンの雄子ママも優しくて癒された。あ、オネエじゃなくてママだね。

 

7.高木雄也はモノマネが上手い

カウントダウンでHey!Say!JUMP代表で披露していた武田鉄矢のモノマネ、最高だった。今までモノマネキャラじゃなかったけれど、実は他にもレパートリーがあるに違いない。ぜひ披露してね〜!

 

 8.高木雄也は歌が上手い

高木はイケボなだけでなくて、歌も上手い。声量もあるし、重要なパートを任されているよね。セクシーだったり、男らしかったり、爽やかだったり、曲によってイメージも様々だ。

 

9.高木雄也は友だちが多い

地元のリアルな友だちが多く、あちこちでエピソードを聞かせてくれる。魚料理を覚えたくて仲間と釣りに行ったが一匹も釣れなかったエピソードとか…。リアルに友だちが多いところも、いのちゃんに似ているのかな。

 

10.高木雄也はマイペースである

 彼の心はとっても無垢。他人に良く思われようなんてまったく考えず、心のままに行動していると思われる。収録中も自然体。スタッフの意を汲み取ろうなんて考えていないと思われる。ホントに純粋な良い子だ。……なのにセクシー。不思議だ。

 

バスの中なので、この辺で失礼します。

雄也、明日は素敵な誕生日を過ごしてね〜

 

『伊野尾慧×魚釣り×子ども』めざましテレビのスタッフは天才だ。

伊野尾慧 heysayjump めざましテレビ いの調

実はひるねこ…木曜日は仕事が休みなのである。休み前なので水曜日の夜はご機嫌で、毎週飲み過ぎるため…木曜日の朝は不調であることが多い笑笑。

なので『めざましテレビ』は大抵リアルタイムでは起きられない。いつも追いかけ再生をして見ていて、テレビを時計代わりに使っている家族を惑わしている。『あれ?まだこんな時間?…て、おい!録画かぃ!』『遅刻するからやめて〜!』朝から荒れ狂う家族…笑笑。

 

昨日の『めざまし』も伊野尾慧が可愛くて、ひときわ眠そうで(←眠いけど頑張って目を開けてる感!)ひるねこは 幸せだった。

今日のいの調は『変わったカフェ』巡り。(←え?そうなの? )最初のカフェは…うん、変わってる。なんでカフェに大量のボールが⁈

そしてそのボールの海で泳ぐ伊野尾慧。(←26歳男子…)

大人も千円を払うと遊べるそうだが…千円払っても遊びたい大人ってどのくらいいるのかな?あたしは払わないよ。ボールの海で泳ぐ人を見ながら、お茶を飲めば充分だ笑。

それにしても…伊野尾慧はスゴい。

日頃、メンバー相手に知性を滲ませ、お兄ちゃんらしさを醸し出しているのに、ひとりでボールの海に放り込まれてあんなにはしゃいで可愛く遊べるなんて…!あれは『ビジネス』なの?それとも『素』なの?どちらにしても、アイドル(←伊野尾慧ver.)として合格!

Hey!Say!JUMPのメンバーで、ひとりであんなに遊べるのは伊野尾慧だけだと思う。あえて、伊野尾慧にボールの海を与えてはしゃがせるめざましスタッフ!天才だ!

山田涼介…まず、あんなシチュエーションでロケしないじゃん。中島裕翔?誰かとならはしゃぐかも知れないけど1人じゃ…やらないよねぇ。岡本圭人知念侑李?いや、しないでしょ。7ちゃんは意外に大人よ。

じゃ、BESTは?

五歳児有岡大貴。ボールの海で泳ぐ?いや、1番やっちゃダメな子は大ちゃんだよ。五歳児、泳いじゃったらなんの捻りもないじゃん。八乙女光くんは……?ひかにゃんモードだったとしても泳がないで!イケメン八乙女が大好きな、ひるねこのお願い。薮宏太は…ぜひ泳いでください。小さかった薮ちゃんのまま泳いでください!ひるねこ泣くかもしれないぜ笑。

あとは…高木雄也くん。君は、普通に泳ぐよね。いいんだよ。ゅぅゃ、可愛く泳いでください。結論!Hey!Say!JUMPで、このボールの海で泳いでよいのは、伊野尾慧、高木雄也、それから薮宏太である笑。あ、JUMPの年上3人だね。

ところで、『いのたか』って、ふたりだけのロケあった?以前いのちゃんが言っていたように、ふたりは、感性が似ているのかも知れない。ボールの海で一緒に泳いでいて欲しいふたり。このふたりのロケ…見たいなぁ。旅番組とかやったらスゴく面白そう。

 

そして今日のクライマックス!

『伊野尾慧×魚釣り×子ども』…はい、ひるねこの大好物〜!

いのちゃんは、なんであんなに釣りが上手いの?釣りロケでダメだったことないよねぇ。器用に餌をつけて、さらっと釣り上げて、ちょっとドヤ顔で獲物を外す。男らしい伊野尾慧が好きなひるねこは、釣りロケがホントに嬉しいのである。

さらに、お相手の大我くん!

いのちゃんに『大物』と認められた彼は、とても可愛いかった。魚が釣れなくてちょっと拗ねちゃったり、見兼ねてお父さんが助っ人に入ったり…リアルな子どもらしさが素敵だったな。子ども相手にムキになって、最後までめざましファミリーに『大人げない』と言われていたいのちゃん。いつもブレないいのちゃんが『子ども相手でもちゃんと向き合わないと…』というような事を言っていたが、その通りである。小さな子でも自我がある。ちゃんと向きあって対等に扱われることが、子どもだって嬉しいに決まってる。伊野尾慧が子どもに好かれるのはそういう事なんだよね。

 

あぁ、めざましスタッフのみなさん!いつも正しいロケで…伊野尾慧を正しく取り扱ってくださりありがとうございます!

二年目も何卒宜しくお願いいたします。

 

コンパスローズはミステリー!

Hey!Say!JUNP 八乙女光

先週のらじらーで光くんがまたもや伝説を作った。本気でラジオを聴いていた人だけでなく、なんとなく聞き流していた人々の意識までも『ん⁈』とラジオに向かせた。キラーワード『We are I love you.』である。またもやメロメロにされたひるねこは、再び天才八乙女光作詞曲を聴きまくっているのである。

 

八乙女光が新たな伝説を生み出した記事はこちら↓↓↓ 

hirunekotan.hatenablog.com

 

 『八乙女光天才説』の記事はこちら↓↓↓

hirunekotan.hatenablog.com

 

スマホで、ひかにゃんプレイリスト(←八乙女光作詞曲集)を無限ループ中のひるねこだが…実はずっと引っかかっている曲があって…。

『コンパスローズ』である。

Hey!Say!JUMP3枚目のアルバム『smart』の9曲目に収録されている、八乙女光作詞の曲。この曲…聴けば聴くほどミステリーなのである。

まずは感じたままに…感想を書いてみよう。

あたしは気に入った曲は何度でも聴く。映像が浮かぶまで聴く。その映像が美しいとさらに大好きになり、ひるねこの脳内ライブラリーに『名曲』と認定される。(←どうでもいい笑) 

『コンパスローズ』もかなり聴き込んだ。頭に映像も浮かんだ。だけどこれ、おかしいんだよね…。映像がトリップする⁈

哲学の正解なんて わからない

他の人見てもピンと来ない

I don't no know じゃもう伝わらない

方向オンチのコンパス

『哲学の正解なんてわからない』冒頭のこの一言で、八乙女光の世界へ引き込まれる。『方向オンチのコンパス』も光くんらしいワードだ。

大好きなフレーズはこれだ。

空を飛べ  海を眺め  

昨日までの悩み

 雲の上で追いかけっこ

爽快な夏の日。綺麗に晴れた海に入道雲が見える。なのに…

どこまで行こうか  風は止まらない

君も同じ事を考えているのかな

「帰りたくない」と

夕日が沈み星空見えるまで

なんとなく進んで行こう

あんなに爽快な海の景色から…急に夕方になっちゃった。しかもこの光景は、絶対に船の上じゃない!薮ちゃんも絶賛の『なんとなく進んでいこう』という言葉。あたしには学生のカップルがまだ一緒に居たいと、目的もなく自転車を漕いでいる光景が浮かぶ。だから帰り道もわからない『方向オンチのコンパス』なんだよね。もはやふたりが居るのは海ではなくて…木々のあいだから星空が見えたりする空気の澄んだ田舎。

…と思ったら…

船の行き先は僕らのpleasure

あ、やっぱり船なのね。

焦っていてボーッとしてる間に

カモメ 生意気に笑う

伊野尾慧パート。ここも好き。『カモメ生意気に笑う』は印象的だよね。鬼才八乙女光の才能が光ってる笑!ここと、次の『眠る犬』の部分はちょっとファンタジー調だ。

空の上  海を眺め  帽子が宙に舞う

雲の上で追いかけっこ

はい、スカッと晴れた夏の海に戻って来たよ。真っ青な空と真っ白な雲、深い青色の海が光る。帽子が宙に舞うのは真夏の晴れ渡った空に限る。絶対に星空じゃないんだ。

ああ…なのに次は、また星空!先ほどの初々しいカップルの光景。

どこまで行くの?と君は笑うけど

今君と同じこと考えているんだよ

「手を繋ぎたい」と

あと少し…流れ星見えるまで

そばにいてもいいよね?

あ、やっと手を繋ぐのね。頑張れ〜!

で途中とばして

空を飛べ  海を眺め  昨日までの悩み

雲の上で追いかっこ

どこまで行こうか  地図はもう見ない

恐れるモノなんてない

羽を伸ばして  船はユラリユレル

雲の上で追いかけっこ

どこまで行くの?と君は笑うけど

今君と同じこと考えているんだよ

「時間よ止まれ」と

門限の9時  星空が見えても

なんとなく  一緒にいよう

船の行き先は 僕らの pleasuer

青空が見えたり、星空が見えたり、カップルのデートの模様が見えたり…笑。まるで打ち上げ花火のスターマインのように、次々に光景が浮かぶ。……なにこれ〜⁈

 

アルバム『smart』の初回限定盤1にはメンバーの曲への解説やインタビューが収録されたDVDが付いている。

その中で光くんはこの『コンパスローズ』について、一番伝えたい言葉は恋愛しているふたりの想い『今君と同じこと考えている』であると言っている。その前のAメロからサビ途中までは前フリだそうだ。恋愛しているふたりの日常が現実で、他は非日常をイメージできるように描いたとも…。

一見爽やかな夏の海のうたと思いきや、初々しい恋愛を描いてるんだね。しかもそのテーマがあまり前面に出ていないんだ。

不思議なことに、曲そのもののクライマックスは明らかにサビの頭『空を飛べ  海を眺め〜雲の上で追いかけっこ』の部分だ。つまり、光くんが一番伝えたい歌詞のクライマックスと曲のクライマックスがズレているわけ。

この曲がやけに瑞々しくて、聴くと気持ちがザワザワしちゃうのは…歌詞のクライマックスと曲のクライマックスがズレているからなんじゃない?曲の不安定さと10代のアンバランスさが重なるっていうか…。まるで10代の夏休み、花火大会の夜の気分になる。(←遠い昔だぜ…笑)

そんな理由でひるねこの心に引っかかってしまったのかなぁと思う。

それで思ったんだけど…

八乙女光がすごいのは言葉のチョイスだけじゃない…構成まで凄いんだ。無意識なの?……だとしたらちょっと震える。新曲で確かめたいなぁ。新曲聴きたいなぁ。

 

 

 

スキャンダルならノーサンキュー。素敵な10周年yearにね!

Hey!Say!JUNP 伊野尾慧 八乙女光 有岡大貴 山田涼介 週刊女性

待ちに待った『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.』の発売が決まった。

なのに…迂闊にも、通常盤しか予約できなかった。油断した。今まで限定版予約できなかったことなんてなかったのに…!Hey!Say!JUMPの勢いを感じて…少し嬉しくはなった。でもでも!

ソロアングル見たいよ〜!

 

そんなHey!Say!JUMPの勢いを感じる件が今朝もあった。ひるねこのLINEに配信されてくる週刊女性PRIME』(3.18.配信)の記事である。

 

2017年、女性トラブルがありそうなジャニーズランキングトップ10!

今年女性トラブルを起こしてしまいそうなジャニーズを占いの先生が占ってくださったと言う記事だ。

 1位 手越祐也(NEWS)

 2位 八乙女光(Hey! Say! JUMP)

 3位 玉森裕太Kis-My-Ft2

 4位 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

 5位 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)

 6位 相葉雅紀(嵐)

 7位 錦戸亮関ジャニ∞

 8位 山田涼介Hey! Say! JUMP

 9位 大野智(嵐)
10位 松本潤(嵐)

 ベスト10にHey!Say!JUMP4人も入ってるよ!5人しかいない嵐兄さんが3人もランクインしているのもスゴイ。やはり人気があるグループや勢いがあるグループは、女性関係も要注意ってことだ。週刊誌にも狙われてるってこと。気をつけてね!

 では、ランクインした我らがJUMPちゃんたちの解説を見ていこう。(解説は記事をそのまま引用)

↓↓↓↓↓ 

2位.八乙女光

絵画や料理、格闘技までこなす多才な八乙女さん。家事も得意なようで女子力もかなりのもの。でも、こと恋愛となると別人です。

 一見おっとりとした印象がありますが、恋は強気で強引にもなるタイプ。彼も数々の噂がありますが、このギャップにみなさんやられてしまうのでしょう。今年は恋愛運が最高なので、たくさんの誘惑があると思います。

あぁ、『可愛いおバカなひかにゃん』と、『天才、八乙女光』のギャップね〜!ここにもそのギャップにやられてるのが1人おるよ。今年は恋愛運が最高なのね。良き恋をしてくだされ。そしてその経験をあたしたちファンに還元してね。八乙女光作の新曲、待ってるから。

 

4位.伊野尾慧

恋の駆け引きがうますぎて、あれこれと手を出してしまうタイプです。昨年はスキャンダル続きでしたが、今年も危険。熱しやすく冷めやすいので次々と興味の対象が出てくるのでしょう。
 結婚に向かうような恋愛ではなく、いろんな女性を知りたいという気持ちが強いのですが、そういった気持ちは女性トラブルの火種になります。

おやおや…君はまた今年も危険らしいねぇ笑。『恋の駆け引きがうますぎて、あれこれ手を出してしまうタイプ』…まぁ、モテるのは仕方ないよ。しかし、ファンを傷つけることのないような、大人の恋愛をして欲しいなぁ。トラブルは嫌だよ。

 

5位.有岡大貴

大胆で、自分のスタイルを貫くタイプの有岡さん。ファッションセンスが注目されるのもうなずけます。今年は飛躍の年になりそうなのですが、そういうときが一番気が緩みやすいとき。安易に人を信じ、乗せられやすくなる時期なので、足元を救われてしまう可能性があります。

お、大ちゃん『飛躍の年』だって!なに?『安易に人を信じ…足元をすくわれる可能性』?大ちゃん気をつけて〜。どうせ週刊誌に撮られるなら、素敵な恋愛でね。騙された被害者とか絶対嫌だよ!

 

8位.山田涼介

今年の運気は最高で、Hey! Say! JUMPの人気もどんどんアップしていくと思います。山田さんはこれまで以上に注目を浴びるようになるので、さまざまな憶測が飛び交いそうです。

『Hey!Say!JUMPの人気もどんどんアップ』…嬉しいね〜!『さまざまな憶測』かぁ。昨年もやられていたもんね。何があってもファンは山ちゃんを信じてるから、大丈夫よ!

 

というわけで

大好きなHey!Say!JUMPにはくれぐれも女性トラブルと週刊誌には気をつけて、素敵な10周年yearを過ごして欲しい。

恋をするにはするけど

スキャンダルならノーサンキュー

イメージが大切よ 清く正しく美しく!

 (小泉今日子『なんてったって アイドル』より)

理屈なんてくだらない!口説きが素晴らしすぎて八乙女光に惚れてしまった話。

八乙女光 らじらー 今夜あなたを口説きます Hey!Say!JUNP

相変わらず、ギックリ腰なうのひるねこ。今日は旦那が休みなので助かった。すっかり…要介護である笑。 

さて、先日中学の卒業式を終えた息子…早速高校から課題が出ているそうで、せっせと読書にはげんでいる。

彼が選んだのは横山雅彦『高校生のための論理思考トレーニング』(ちくま新書) 。全部で10冊の課題図書の中から近所の書店にたまたまあったのがこの本だったそうで…。前日に同じ高校に入学する友だちが、残り一冊の椎名誠の『岳物語を買ってしまった。そのせいで、これしか残っていなかったと、ブツブツ言いながら読みはじめたが(←買いに行くのが遅い自分が悪いじゃん笑) …これが意外に…とても面白いらしい笑。

筆者の横山雅彦さんは大手予備校の英語の講師をしていた方で、日本語と英語の違いから日本人と西洋人の思考の違いを考察した本だそうだ。

息子曰く、日本人の思考は『前論理的』であり英語を話す国の人々と比べて論理的ではないんだそうだ。例えば誰がが『あの人カッコイイよね。』と言ったら日本人ならまず『そうだよね〜。』と答えるが、英語を使う人々は『何処がどの様にカッコイイと思うの?』と聞くそうだ。日本人には何処がカッコイイのか聞かなくても『察する』という文化があるが、英語圏の人々にはそれがないんだって。…へぇ、面白い。

と、この本を読みはじめたばかりの息子が、内容をかいつまんで話してくれたのだが…ひるねこはふと思った。

『このブログ、全く論理的ではないぞよ!』

そう。全てひるねこの主観で、アイドルとして見えているHey!Say!JUMPの姿から『察して』書いているだけ…。しかも言葉が足りない部分は読んでくださっている方に自ら『察して』いただかなければならず…。なんともふわふわなブログである。日本で書いていてよかった笑。もし英語圏で書いていたら、ツッコミの嵐だよね。

 

いや、だけど……。

報道や論文などは論理的でなければ困るけど、小説や歌の歌詞やドラマのセリフは、論理的すぎたらつまらないよねぇ。

全員がガリレオ(←福山雅治の演じた…) だったら居心地が悪いじゃない。お互いに『非論理的だ!』なんて言い合ったりして笑。…と思うあたしは、生粋の日本人だからなのか?

 まぁ、なるべく論理的でわかりやすい文章を書くように心がけよう。(←少し反省したぜ…)

 

 じゃ、どうしたらいいんだろ…などと、ごにゃごにゃ考えながら、らじらーを聞いていたひるねこ…衝撃がはしりましたぜ!

天才、八乙女光が全てを解決してくれたのだ!

今夜、光くんが5教科の教科書を口説いた。『お前らを一気に口説く。』から始まった八乙女プロの口説き。やけに自信満々の口説きの決め台詞がコレだ。

↓↓↓(実は最初から噛んでる…てへぺろ笑)

『We are I Love you!!』

主語2つに動詞も2つ…。お姉ちゃんは大笑い。最近まで受験生だった弟は『接続詞つけなきゃな』と呟いた笑笑。

こうして…またまた光くんの天才ぶりに惚れてしまったひるねこなのである。そう、理屈なんてくだらない。なにが論理的でわかりやすい文章だ〜!少しだけでも悩んだのが馬鹿らしい。コレでいいのだ!八乙女光万歳!

八乙女光が好きだ〜!

伊野尾慧も好きだ〜!

Hey!Say!JUMPが大好きだ〜!

それでいいじゃん…笑笑

 

 そして八乙女プロの詞がまたもやひるねこの中で輝く。

大の大人がもめる

アイドンノー ってなってる

知らん そんな顔されても

言ったところで 何が変わるの?

鏡を見ていたら 夢が膨らみ

あれだこれだと道決まらない

重く肩に乗せた荷物をどけて 

ちょっとやそっとじゃ挫けない壁に 

全力チョップでも 手 痛い

頭カラにして

マンネリエブリデーに

ちょいとした幸せを感じて

届け世界へ派手に飛び回るのさ

LoveLoveLoveLove

( 八乙女光作詞 アイ☆スクリームより)

 

こうして…またまた光くんの天才ぶりに惚れてしまったひるねこなのである。

そう、理屈なんてくだらない!

 

 

伊野尾慧とHey!Say!JUMPの関係性を探る。 山田涼介編

伊野尾慧 山田涼介 Hey!Say!JUNP

昨日の朝のこと…ご機嫌で洗濯を干していたあたくしひるねこ…ふと身を屈めた弾みに腰に電流が走り、そのまま身体がロックされた。ギックリ腰って奴だ。明日まで仕事を休むことにしたが…未だに寝返りもうてない。明後日から働けるかなぁ?

もう…家事は放棄したので…そうだ、ブログを更新しよう!

 

 さて、Hey!Say!JUMPが大好きだっていうだけで書き始めた当ブログだが…

…わかった風なこと書いちゃって〜!

と思うことがある。自分自身のことだって全てがわかっているわけじゃない。ましてや、人と人との関係性なんて、他人にはわからないだろうって思う。思いながらも書いている。だってわかりたいんだもん。(←何それ?)

日々眺めているHey!Say!JUMPだが実は、あたしが見ているJUMPと本当の9人は違うんだろうなぁと思う。

うるジャンの神コーナー『JUMP TOP3』を聴くたびにファンに見えている姿とメンバーの感じている姿が違っていて『へぇ〜』と思う。知念ちゃんが大好きなコーナーだけれど、あたしも、大好きだ。少しだけリアルなメンバーの姿が感じられるから…。

 

で、ただただ、毎日大好きなJUMPを眺めているだけでな〜んにもわからないあたくし、ひるねこがまたもや、大好きな伊野尾慧とHey!Say!JUMPメンバーとの関係性を探ってみるわけ。な〜んにも知らないけど、毎日よく観察しているので、意外に鋭い考察をするかもよ…笑(←ホントか?)

 

こちらはHey!Say!BEST編 ↓↓↓

hirunekotan.hatenablog.com

 

山田涼介×伊野尾慧=Hey!Say!JUMPの伸びしろ

あたしはこの2人の不仲芸は半分はリアルなんだと思っている。3歳年の差がある2人。デビューした当時、山ちゃんは中2、いのちゃんは高2。この時期…10代の3歳差はとてつもなく大きい。

一昨日、息子の卒業式だったが、彼は中学3年間で身長が25センチ伸びた。(←ダブダブだった学ランがピチピチになっていてそれだけで泣けた) ホントに10代の…特に男の子の成長は凄まじい。

デビュー当時のBESTと7の身体的な差はもちろん、精神的な差も傍から見るより大きかったはずだ。BEST兄さんから見たら7の子達は、相手にしてもつまらないくらいお子ちゃまだったろうし、7からみたらBEST兄さん達はすごく大人に見えただろう。(←そんな中、真ん中っ子の大ちゃんの役割は大きかったんだよね、きっと) 

…山ちゃんは裕翔や知念に追いつけ追い越せと、無我夢中で努力していた時期。『誰かに出来ることは努力したら必ず自分にもできる』って真っ直ぐに信じて、実際、間も無くJUMPのセンターの座を手に入れる。そんな熱血漢な山ちゃんは当時のいのちゃんを…どう感じる?

 

いのちゃんは敢えて薮ちゃんや光くんのいる堀越高校へ行かなかった。『仕事以外の友だちが欲しい』という理由で、いのちゃんが進学した東洋高校はコースによって偏差値59〜66のなかなかの進学校だ。デビューしてからは高校に友だちが居なくて、ひとりぼっちだったと聞く。いのちゃんの高校時代…しんどかったと思うよ…。

アイドルをしながら高校の勉強をして、さらに大学へ行く…。ちなみに2017年の明治大学理工学部建築学科のAO入試の募集人数は4人!いのちゃんの年は何人だったのかわからないが、狭き門だったのは間違いない。しかも進学した大学は課題が多い理系。選択した研究室はフィールドワークが多くて…わざわざハードな方へハードな方へと行っている気がしなくもない。

いのちゃんの性格からアイドルと学業どちらも手を抜くことはなかっただろうが、合理的な彼のことだ。『必要のないところは頑張らない』というところは往々にしてあっただろう。楽屋で眠そうにしていたり雑誌の受け答えがアイドルらしくなかったり…。

同じ年頃のBESTのメンバーや大人のスタッフさんには、そんないのちゃんのやり方も理解出来ると思う。そうしなければ両立できないもんね。しかしまだ10代だった…真っ直ぐに努力してアイドルを頑張っている山ちゃんはどう思うだろう?

『アイドルを極めるなら堀越高校へ行けばいいのにわざわざ別の高校へ行って、大学まで行って、勉強が大変だからって仕事で全力を尽くさないなんて…』

山ちゃんの気持ちはこんな感じだったかな。(←あくまでも想像だが) 全く正しいと思う。だって薮ちゃんや光くんやその他のメンバーは大学にも行かず、自分の全ての可能性を捨ててHey!Say!JUMPに賭けていたのだから。

『Hey!Say!JUMPを大きなグループにするには生半可な気持ちじゃダメなはずだ。なのに伊野尾ちゃんのテキトーぶりは何だ?見切れアイドルなんて言われても仕方ないよな。オレ、あの人キライだ!』

真っ直ぐな山ちゃんならそう思ったに違いない。(←コレも想像だが…) そしていのちゃんは自分のことを話さないから、なおさら理解されない。もともと意志が強く、人にどう思われようが気にしない子に見える。

Hey!Say!JUMPでただ1人だけ別のアイドル像をめざしていた子が伊野尾慧だ。いのちゃんは小さい時から、薮ちゃんや光くんを見ていて…自分にはアイドルとしてのスキルが足りないと感じたかもしれない。それを補うために

『自分の内面を磨く。出来るだけたくさんの勉強をして、たくさんの経験をする。仕事以外のたくさんの人と交流を持ち、友情を育む。』

いのちゃんの辿ってきた道を眺めると、そんな彼の強い意志を感じる。決して『アイドルだけじゃ食べていけない』から大学へ行ったのではなくて『アイドルとしてちゃんと食べていくために』大学へ行ったんだと思う。

そして今、いのちゃんのファンには見えないところでしていた努力が実りはじめている。彼が学生時代に身につけたたくさんのスキルはアイドルとしての王道ではないけれど、Hey!Say!JUMPの武器になってきている。裕翔のドラムや圭人の英語力なんかと同じにね。

 

今、大人になった山ちゃんが、ようやく伊野尾慧という人間を理解しはじめたんだと思う。

どんなに忙しくても、痩せちゃうほど寝不足でも、木曜日の早朝には爽やかにテレビに映る。全く自分のキャラではなくても、求められればオーバーオールを着て猫耳をつけて『可愛い』を作る。(←アイドルなら当たり前だが…) Hey!Say!JUMPの仕事が忙しかったころに被災地に通っていたり、ドイツに研究発表へ行っていたり…テキトーなんかじゃなくて、インタビューする人にちゃんと寄り添える人間なんだって、みんなが知るのと一緒に山ちゃんも理解していったんじゃないかな?

 

山田涼介と伊野尾慧、この2人の全く違う個性が交わったら…Hey!Say!JUMPはいよいよ国民的アイドルへ成長していくのだ。ここから先の2人の関係性はまさに、Hey!Say!JUMPの伸びしろだ。不仲芸なんかより、もっと違う化学変化を起こして爆発的に魅力的なグループになるはず(←これは願望!)

ですから…

届いておくれ。偉い人に!(←ベリカさんお借りしました…)

次のユニット曲では山田涼介&伊野尾慧を希望しますっ!

 

 

Hey!Say!JUMP で White Day !

Hey!Say!JUNP 伊野尾慧 薮宏太 八乙女光 有岡大貴 知念侑李 中島裕翔 高木雄也 山田涼介 岡本圭人 ベイジャン

今日はホワイトデー♡

我が家の息子の机の上にも、お返しらしきモロゾフの包みが4つあった。ホワイトデーにチョコを返すのが流行りだと、彼なりに調べた結果らしい。

『わぁい!母さんチョコ好きだからね〜ありがとね。』

と手を出したが…母と姉の分はないんだってさ…。……もう、来年からは君にはバレンタインチョコはやらんよ…。

 

先週のベイジャンで、バレンタインについて語っている大ちゃんと高木が普通の男の子過ぎて可愛かった!

リスナーのお手紙で『クラスの男子がバレンタインの日にコンビニで若い女性店員さんのレジでチョコを買うとバレンタインを貰っている気分になると話していて爆笑した』という内容に

『男子ってアホだね〜』

と呟く爆モテ兄貴の大ちゃんと

『何それ〜!思いつかなかった〜』

とノリノリな高木笑。

『袋いりませんて言って…』

『お釣りもないようにぴったりとお会計を済ませれば…』

『いいなぁ、コレ!やりたいなぁ!』

大はしゃぎな2人笑。こういうところ…この2人はホントに性格が良い。リアルに友だちが沢山いるんだろうなと思うんだよね。ふたりともコミュニケーション能力が高そう!

このあとのくだりで、高木は『バレンタインのお返しをしたことがない』という話しになり…沢山もらい過ぎて誰に返したらいいのかわからないんだろうなぁ…と妙に納得した笑。、

 

Hey!Say!JUMPでキチンとお返しをしそうなのは誰かなぁ?

山田涼介は…

もらった子全員にちゃんとお返しをするんだろうなぁ。しかも手作りで…!女子がバレンタインに手作りしたチョコよりもクオリティが高くて…ラッピングもオシャレで、女の子達を無駄に落ち込ませそう笑。

 

伊野尾慧も…

近頃料理に目覚めたっぽいいのちゃんも手作りのお返しをしそう。ネットでレシピを調べて『料理は理科の実験とおんなじさ』なんて言いながら結構器用に作りそう。ただし本命の子にだけね笑。他の子は市販品。あ、意中の子を家に呼んで一緒に作る可能性も捨てきれない…。

 

  八乙女光だって…

光くんも手作り派だね。めちゃ美味しい八乙女家に伝わる秘伝のスウィーツのレシピなんか持ってそう笑。みんなにキチンと返すけれど、本命の子に渡すときに自作のラブソングなんかアカペラで歌っちゃって、ドン引きされそう笑。詞が難解過ぎて彼女を混乱させたりしてね。

 

岡本圭人も…

圭人もキチンとみんなにお返しをしそう。圭人は市販品だけれど、ひとりひとりに心を込めて選ぶ。もちろん本命には自作の歌のプレゼント有り。ギター持参でいきなりシャウトして…彼女はビックリ!歌い終わって我にかえった圭人が彼女の驚いた顔を見て、焦って謝りまくる笑。そんな一部始終を見てみたい。

 

有岡大貴は…

爆モテ大ちゃんは綿密に計画を立てたデートプラン+手作りマカロン…の予定だったが、マカロン作りに大失敗して当日大慌てしそう笑。本命以外の子には試作品マカロン(試作品は大成功笑)をあらかじめ返し『ゴメン。14日はホントに好きな子と過ごしたいんだ』とか言ってさらに女子にキャーキャー言われそう。

 

薮宏太は…

市販品を買おうとしているところを光くんに見つかり『薮ダメだよ。好きな子には心を込めて手作りしなきゃ』と怒られて、八乙女家秘伝のクッキーレシピを伝授される。が、なんだかうまく出来ず…やはり市販品を買う羽目に。薮ちゃんが料理下手なのを知っている女子達は、むしろ手作りより市販品を喜ぶ。

 

知念侑李は…

知念はチョコをくれた女の子を買い物に誘い、好きなお返しを一緒に選ぶ。みんな一緒にお買い物。で…お会計になると何処からか山田涼介が現れお支払いしてくれる笑。ちぃちゃんと一緒にショッピングとか、めちゃ楽しそうだなぁ!女の子の好みとかよくわかってそう。

 

中島裕翔は…

今年はお正月から家族旅行の目撃情報が上がっていたゆうてぃ。昨年のいろいろな報道を反省し、『二度と繰り返さない!』という強い意志を感じる。今年のバレンタイン&ホワイトデーもご家族のガードが固そうだ。もちろん全てにキチンとお返しをするが、もしかするとお母さまチョイス。

 

高木雄也は…!

高木は一人一人にお返ししません!数が多過ぎて返しきれないから笑。その代わり地元のダチがオーナーのオシャレな店を借り切ってparty night〜!みんなで楽しく賑やかにホワイトデーを過ごすのだ。さすが爆モテ雄也だ。

 

関東地方は今夜、雪の予報も出ているけど….降るかしら?

何はともあれ、皆さま素敵なホワイトデーをお過ごしください〜!