https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

その9 Hey!Say!JUMP誕生前夜。薮宏太の決断。

Hey!Say!JUNP Ya-Ya-yah 薮宏太 八乙女光 伊野尾慧

 2006年8月…

最後のひとり、岡本圭人ジャニーズ事務所に入所した。

あとは時が来るのを待つばかり…?

いやしかし、運命の神様は彼らにまだまだ試練を与えるのだ。

 

↓↓↓↓前回の話

hirunekotan.hatenablog.com

 

メンバーが目まぐるしく代わりそれぞれが切磋琢磨するJ.J.Express

2007年、突然、期間限定のユニットHey!Say!7

のデビューが発表された。 

 

↓↓↓Hey!Say!7デビューの顛末はこちら

hirunekotan.hatenablog.com

 

2004年以降四人体制になったYa-Ya-yahは、一見安定した人気を保ち活躍を続けているように見える。

だが、時は止まらない。少年は日々成長する。

かつての小さくて可愛かった少年たちにも時が流れた。

2007年の夏、翔央→18歳、薮→17歳、光と太陽→16歳である。

薮ちゃんは『声変わりしたらどうなるんだろう?』『あれ?この高音、この前より出しづらくなった。やべーぞ…』などと、いつも不安に思っていたらしい。薮ちゃんの歌は相変わらず素晴らしかったけれど、変声期を終えて、あの天使の声は失われた。

また、太陽は番組で先輩に冗談めかしてではあるが『身長を伸びなくするにはどうしたらいいですか?』と相談している。太陽をはじめメンバーの身長もグングン伸びていた。

番組では山田や知念、龍太郎など小さくて可愛い子がもてはやされるようになる。また、大ちゃんや高木などフレッシュな子に大きな声援が飛ぶようになる。

かつて、いつでもダントツで一番のグループだったYa-Ya-yahの立ち位置が微妙に変わってきていた。 

 

そんな中の『Hey!Say!7デビュー』である。

 

Ya-Ya-yahのメンバーは衝撃を受けたはずである。ジュニア歴が長い4人は後輩に先を越されて、自分たちはいつデビューできるのかと不安になったことだろう。

 

薮ちゃんも光くんも

『デビューをするならYa-Ya-yahで…。』

と思っていた。ただ光くんは周りの状況を見て

『ジュニアのグループがそのままデビューすることはないのかもしれないな。』

と覚悟していた節もある。(←光くんは時々、ホントにアホみたいに見える時があるが、実はとても賢く鋭い人である笑。)

Ya-Ya-…の4人はこの時期に

『これからもこの4人で頑張って行こうぜ!』と語りあっていたそうである。

 

その直後…薮宏太はジャニーさんにジュニアの名前の書いてあるリストを見せられる。

 

はい、久しぶりにタイムスリップ! 

↓↓↓↓

時は2007年夏

 

薮宏太は焦っていた。

ジャニーズ事務所に入ってからずっと、同じ年頃のジュニアの中では常に先頭を走っている自負があった。

しかし昨年、期間限定のユニットKittyGYMにYa-Ya-…から選ばれたのは光だった。

少し前から変声期で高い声が出なくなった。スタッフさんに

「キーを下げようか?」と言われても

「大丈夫です。」

と無理して歌う。

身長も急に伸びた。そのせいか体重が追いつかず、頬がこけて痩せて見えた。

『大人っぽくなった』とよく言われるようになったが、まだふっくらした可愛い後輩たちがHey!Say!7としてデビューすると聞いた時は…正直『もう潮時かも…。』事務所を辞めることも考えた。それでも何とか思い止まったのはYa-Ya-…の仲間がいたからだ。

 

八乙女光は先輩たちがデビューするのを間近で見てきて

『ジュニアのグループのままデビューすることは難しいのかも知れない。』

と漠然と思っている。が…それでもなお

『デビューするならYa-Ya-でしたい。』

そうも考えていた。

この夏J.J.Expressから選抜されたHey!Say!7がデビューした。

『あ、いのちゃん選ばれなかったんだ…。』

昨年の夏、KittyGYMとして一緒に活動した友だちのことを考える。

『きっと悔しかったよなぁ…。』

そして最近、薮が悩んでいるのにも気づいていた。ひとつ年上の薮は高3である。進路を決める時期になって

『事務所を辞めようとしているのかなぁ?』

そんな気配を感じることもあった。

また、収録で会う翔央も太陽も元気そうに取り繕ってはいるが…なんだかギクシャクしている。

 

その日の収録後、メンバーをカラオケに誘った。何曲か歌って盛り上がってきたところで、光は元気いっぱい言ってみた。

「4人でずーっとやっていこうぜぃ!」

隣に居た薮が肩を組んで叫んだ。

「おぅーっ!!4人で頑張っていこうなっ!」

すぐに翔央も太陽も肩を組んで…

「おーっ!」

それから何曲何曲もYa-Ya-yahの歌をうたった。

「やべっ、こんな高い声でないよ笑」

「キー下げちゃえよ笑笑」

久しぶりにとても楽しくて、久しぶりにメンバーの笑顔が見られて4人とも幸せだった。

 

次の日、薮はジャニーさんに会った。

「薮…薮。ちょっとこれ見て〜!」

見せられたのはジュニアの名前のリスト。ジャニーさんは薮の目をじっと見て聞いた。

「you、このメンバーどう思う?」

すぐに新しいグループのメンバーを決めているのがわかった。

まず、薮宏太、八乙女光の文字が見えた。そして、自分と光の名前の下にHey!Say!7のメンバーや森本龍太郎岡本圭人、最後に伊野尾慧の名前もあった。

『自分が今発する言葉で、こいつらの運命が変わってしまうかもしれない。軽はずみなこと言えない。』

頭の中で警報が鳴った。

翔央と太陽の名前はなかった。昨日のメンバーの笑顔が浮かんだ。

『俺と光はYa-Ya-yahでやりたいって言うべきなのか?……でも、今…このチャンスを逃したら次は何年先になるかわからない。』

ジャニーさんは優しいが厳しい人である。

『何年後どころか、二度とチャンスは来ないかもしれない。』

その時…

何故か、幼い頃オーディションの日に…必死な顔で手を挙げて、下手くそなくせに一生懸命『フラワー』を歌う小さかった伊野尾慧の顔が目に浮かんだ。

『歌い終わっ後…真っ赤な顔をしてこっちを見ていたっけ…。あれからずっと、下手くそなくせにデビューしたくて…あいつは必死で頑張ってきたんだよな。今回、伊野尾もやっとデビューできるのかな?』

その時、薮の頭の中で何かがパチンと弾けた。

『俺もそうだった。ずっとデビューしたくて、デビューしたくて頑張ってきたんだった!俺は恵まれすぎて…そんな事も忘れていたんだなぁ。』

答えは決まった。薮はジャニーさんの目をまっすぐ見つめて

「うん…。いいんじゃないですか。」

と言った。

「そう?」

ジャニーさんは嬉しいそうに笑ったあと

「このグループはね、youと光にまとめて欲しいんだよね。今までとは違うよ。」

ジャニーさんはニッコリ笑って薮の肩を叩いた。

 

↑↑↑↑

はい、終了。

今回も脚色、妄想の嵐だ笑

 

薮ちゃんの苦渋の決断。でもね、ジュニアの目標はたったひとつ!デビューを目指して毎日凌ぎを削っているわけである。だから、どんな背景があったとしても、デビューのチャンスを逃すことはしてはいけないと思うんだ。Ya-Ya-…の仲間を思えば辛い決断ではあるけれど、デビューできなかったたくさんのジュニアの気持ちはチャンスをもらった子が背負わなければならない。

 

《誰かがデビューするってことはその何十倍の人間が落ち込んでいる。だから選ばれたんだったらその人たちの悔しさも背負わなければだめだって…。やるからにはみんなの分までやらなきゃって思った。》

と一万字インタビューで薮ちゃんは言っている。その通りだと思う。

小さかった薮宏太は、素敵な大人に成長した。

 

 

つづく……