https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

スキャンダルならノーサンキュー。素敵な10周年yearにね!

Hey!Say!JUNP 伊野尾慧 八乙女光 有岡大貴 山田涼介 週刊女性

待ちに待った『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.』の発売が決まった。

なのに…迂闊にも、通常盤しか予約できなかった。油断した。今まで限定版予約できなかったことなんてなかったのに…!Hey!Say!JUMPの勢いを感じて…少し嬉しくはなった。でもでも!

ソロアングル見たいよ〜!

 

そんなHey!Say!JUMPの勢いを感じる件が今朝もあった。ひるねこのLINEに配信されてくる週刊女性PRIME』(3.18.配信)の記事である。

 

2017年、女性トラブルがありそうなジャニーズランキングトップ10!

今年女性トラブルを起こしてしまいそうなジャニーズを占いの先生が占ってくださったと言う記事だ。

 1位 手越祐也(NEWS)

 2位 八乙女光(Hey! Say! JUMP)

 3位 玉森裕太Kis-My-Ft2

 4位 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

 5位 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)

 6位 相葉雅紀(嵐)

 7位 錦戸亮関ジャニ∞

 8位 山田涼介Hey! Say! JUMP

 9位 大野智(嵐)
10位 松本潤(嵐)

 ベスト10にHey!Say!JUMP4人も入ってるよ!5人しかいない嵐兄さんが3人もランクインしているのもスゴイ。やはり人気があるグループや勢いがあるグループは、女性関係も要注意ってことだ。週刊誌にも狙われてるってこと。気をつけてね!

 では、ランクインした我らがJUMPちゃんたちの解説を見ていこう。(解説は記事をそのまま引用)

↓↓↓↓↓ 

2位.八乙女光

絵画や料理、格闘技までこなす多才な八乙女さん。家事も得意なようで女子力もかなりのもの。でも、こと恋愛となると別人です。

 一見おっとりとした印象がありますが、恋は強気で強引にもなるタイプ。彼も数々の噂がありますが、このギャップにみなさんやられてしまうのでしょう。今年は恋愛運が最高なので、たくさんの誘惑があると思います。

あぁ、『可愛いおバカなひかにゃん』と、『天才、八乙女光』のギャップね〜!ここにもそのギャップにやられてるのが1人おるよ。今年は恋愛運が最高なのね。良き恋をしてくだされ。そしてその経験をあたしたちファンに還元してね。八乙女光作の新曲、待ってるから。

 

4位.伊野尾慧

恋の駆け引きがうますぎて、あれこれと手を出してしまうタイプです。昨年はスキャンダル続きでしたが、今年も危険。熱しやすく冷めやすいので次々と興味の対象が出てくるのでしょう。
 結婚に向かうような恋愛ではなく、いろんな女性を知りたいという気持ちが強いのですが、そういった気持ちは女性トラブルの火種になります。

おやおや…君はまた今年も危険らしいねぇ笑。『恋の駆け引きがうますぎて、あれこれ手を出してしまうタイプ』…まぁ、モテるのは仕方ないよ。しかし、ファンを傷つけることのないような、大人の恋愛をして欲しいなぁ。トラブルは嫌だよ。

 

5位.有岡大貴

大胆で、自分のスタイルを貫くタイプの有岡さん。ファッションセンスが注目されるのもうなずけます。今年は飛躍の年になりそうなのですが、そういうときが一番気が緩みやすいとき。安易に人を信じ、乗せられやすくなる時期なので、足元を救われてしまう可能性があります。

お、大ちゃん『飛躍の年』だって!なに?『安易に人を信じ…足元をすくわれる可能性』?大ちゃん気をつけて〜。どうせ週刊誌に撮られるなら、素敵な恋愛でね。騙された被害者とか絶対嫌だよ!

 

8位.山田涼介

今年の運気は最高で、Hey! Say! JUMPの人気もどんどんアップしていくと思います。山田さんはこれまで以上に注目を浴びるようになるので、さまざまな憶測が飛び交いそうです。

『Hey!Say!JUMPの人気もどんどんアップ』…嬉しいね〜!『さまざまな憶測』かぁ。昨年もやられていたもんね。何があってもファンは山ちゃんを信じてるから、大丈夫よ!

 

というわけで

大好きなHey!Say!JUMPにはくれぐれも女性トラブルと週刊誌には気をつけて、素敵な10周年yearを過ごして欲しい。

恋をするにはするけど

スキャンダルならノーサンキュー

イメージが大切よ 清く正しく美しく!

 (小泉今日子『なんてったって アイドル』より)